講師:石川一男氏(株式会社クローヴイシカワ 代表取締役)

昨今、外食産業を取り巻く環境やニーズが大きく様変わりしたことに伴い、調理責任者にもより高度で多様な知識や能力が求められるようになりました。
そこで、【外食調理マネジメントコース】では、“キッチンマネジメントを変革できる調理責任者”の育成を目的に、「生産性・経営効率をアップさせるキッチンオペレーション」や「売れるメニュー開発」「組織が活性化する部下育成」「食の安全安心への取組み」などをテーマとした各種セミナーを開催し、既定の成績を収めた受講生については[外食調理管理士]として認定しています。
また、【外食調理マネジメントコース】は厚生労働大臣表彰を受けた認定職業訓練として、受講生には大阪府知事より修了証書が授与されます。

今回、【外食調理マネジメントコース】のGセミナーでは、「短時間で少人数のスタッフで効率よく調理できるメニューを開発するためには?」をテーマに、株式会社クローヴイシカワ 代表取締役 石川一男氏に、新調理技術によるメニュー開発の実演およびセミナーを行っていただきました。

Pick UP
Ⅰ.新調理システム『真空調理』の実演および試食
Ⅱ.新調理システムについて
Ⅲ.新調理法システム導入の成功に導く『10項目のポイント』
Ⅳ.人間の五感による情報入手、情報判断の場合


講演の内容はこちらから