講師:大倉忠司副会長・労務部門長(株式会社鳥貴族 代表取締役社長)

今年で10年目となる大阪観光大学との提携講座「レストラン経営論」では、理論は非常勤講師の山川雅行常任役員が、実践論はORA会長・副会長をはじめとする外食産業の経営者・幹部クラスが担当されています。

「外食経営者による特別講義(3)」で講師を務められた大倉副会長は、まず、『鳥貴族』の会社概要や経理理念、強みと特長を説明された後、創業から現在までの歴史を振り返りながら30年目を迎えることができた秘訣、さらには東証一部上場のメリットとデメリットについて、具体的な例を挙げながら講義されていました。そのような大倉副会長の言葉が心に届いたのか、内容を聞き洩らさないようにと真剣に耳を傾ける学生たちの姿が印象に残る講義となりました。

unubore

講演の内容はこちらから