平成17年に関西圏で多発し、その後、関東地方でも発生しました詐欺的クレーム事案が、平成21年後半にまた神戸市や西宮市で発生しました。
ORAが把握している最近の発生件数はわずかですが、詐欺行為が成功し、味をしめているから同じ手口を用いて犯行を重ねていると思われます。
犯人は50歳代以上の女性です。クレームの申し出や口実などは、教える連絡電話番号が違うだけで、他は平成17年に多発した事案と全く同じ内容を使っていることが、
ORAで受理した最近の対応事実から分っています。今後も続発する懸念がありますので、今一度、詐欺的クレーム内容をご確認いただき、対応等ご注意ください。

≪特徴的な概要≫

○店舗内でのクレーム申し出はない。必ず店へ電話を入れてクレームを申し出る。
○店長又は対応責任者を言葉巧みに外へ呼び出し、外で接触をするようにしている。
○連絡用として教えるのは携帯電話の番号だけで、固定電話の番号を教えた事実はない。
○ある場所を具体的に示し、そこへ着いたら連絡電話へ通話するように指示し、犯人自らが出向いて来る。
特定の住居などへ呼びつけるようなことはしない。

詳しくはこちらをご覧下さい。