昨年の食中毒発生事故は前の年を大きく上回り、件数は 1202 件[226 件増]、患者数は 22718(死者 6)人[3363(死者 4)人増]で、約 62%が飲食店で発生しています。
飲食店にとって食中毒事故は、お客様に被害を与えるだけではなく、店の信頼を失い営業的にも大きなダメージを受けるリスクです。

現在、「今までこうやってきて問題はなかった」という勘や経験だけでは、事故は防げなくなっています。
[自分たちが働く店舗は食中毒・異物混入を起こす確率が非常に高い!]という意識、[食中毒予防のために、なぜ(目的)それをするのか]という理解の高い行動こそが、徹底した食中毒予防になり、ひいては作業効率のアップ、食材のロス低減にもつながります。

衛生管理の基本、頭で理解する対策、現場での実践方法を学ぶ食中毒徹底予防セミナーです。

新入社員・新パートアルバイトの方から調理従事スタッフなど多数のご参加をお待ちしております。

■日時
 平成28年6月23日(木)14:00~16:00

■会場
 浪速区/ ORA会議室
 大阪市浪速区敷津東2-2-8 大阪木津地方卸売市場 南棟2F
 TEL:06-7668-5575

■講師
Ⅰ.食中毒予防のために現場でもとめられること
  サラヤ㈱ 食品衛生サポート部拠点長 青森誠治

Ⅱ.食中毒予防対策の”なぜ”を考える
  株式会社ダイナック 品質保証本部長 橋詰剛敏 氏

■参加費
 2,000円(税込)※当日ご持参ください。

■お問合せ先
 TEL:06-7668-5575

■参加申込
 下記PDF案内の申込書にご記入の上、ORA事務局FAX [06-7668-1075] にてお申込み下さい。
 ※会場の都合で定員 60 名に達し次第、締め切りさせていただきますので、お早めにお申み下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。(PDF)