昨年の入管法改正により、一定の専門性・技能のある外国人について、日本国内で就労するための新たな在留資格(特定技能)が創設されました。ORA外国人雇用検討プロジェクトからの国等への働きかけもあり、外食産業は、特定産業分野(外食業)に指定され、外食企業は特定技能1号外国人を上限5年まで雇用することができることになりました。このたび、この資格取得のための試験実施日程、および試験実施案内が公表されるとともに、日本フードサービス協会において、受験準備のための学習テキストを作成・公表されましたので、お知らせいたします。

詳しくはこちらをご覧下さい。

■第1回国内試験実施案内
https://otaff.or.jp/examination-domestic/