私は16歳の時より京都の割烹で板前の修業を積み、26歳の時に独立。京都の板前たちの高い調理技術と、素材への目利き力をフルに活かし、リーズナブルに本格的な割烹料理を味わっていただきたいという想いから「すぎうら」を創業しました。“京都の板前が創った本気の居酒屋”をコンセプトに、宴会需要に特化した店舗を運営しています。 創業からの10年間でオーナーシェフとして店のブランドを確立させ、その後店舗展開に踏み切りました。近年では、オトコマエ食堂という新しいブランドも立ち上げ、料理人としてではなく経営者として運営に携わっていけるよう、徐々に移行する道を模索しています。そのためにも人材育成に更に注力し、鮮度保持のために産地での食材加工を行うなど新しい取り組みも始めています。 ORAの皆さまとは、「京都ツバス会」を通じ以前より交流させていただいておりました。今後の展開として大阪での出店を視野に入れていること、また3月にツバス会の会長を退任したこともあり、今回入会する運びとなりました。同業の皆さまとの人脈を広げながら、情報交換やご指導いただけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

会員情報

代表者
代表取締役 杉浦 茂樹
入会者
代表取締役 杉浦 茂樹
屋 号
「四季の味すぎうら」「酒と魚とオトコマエ食堂」
創 業
平成6年9月
設 立
平成19年6月
資本金
1,800万円
従業員数
112名(P/A含む)
所在地
〒604-8846 京都市中京区壬生西桧町18
TEL
075-744-0795
FAX
075-744-0760

こんなお店を経営されています

酒と魚とオトコマエ食堂 京都駅前店

京都で人気を博す割烹居酒屋「すぎうら」が新たに手がけた新業態が、「酒と魚とオトコマエ食堂」。驚きのコストパフォーマンスで本格的な割烹が愉しめる「すぎうら」に対し、新店はよりカジュアルに、とにかく気軽に立ち寄れるお店というのをコンセプトにしています。お酒のお供に2・3品頼んで1杯呑んでサクッと帰れるという気軽さながら、提供される料理はどれも一級品!味も鮮度も抜群のものばかりで、板前クオリティに脱帽です。 特におすすめなのは魚料理。「他産地消」をテーマに掲げ、青森県産の帆立や愛媛県産だてまぐろ、八戸の子持ちカレイなど、使用するのはオーナー自ら全国の漁港を訪ね歩いて見つけた、選りすぐりの食材ばかりです。さらに生産地で下処理・加工まで行うため、最も新鮮な状態でお客さまに提供できるそう。和食を極めた板前集団が生み出す創作料理をぜひ味わいに来てください。

所在地
〒600-8216 京都市下京区不明門通り塩小路上ル東塩小路町576
連絡先
075-353-1555
営業時間
11:30~24:00(L.O.23:30)
定休日
不定休

※入会時の情報です。